プラセンタは胎盤から出来ている|栄養摂取はエブリデイ

女の人

人気の高い健康食品

メディシン

分子のサイズは影響するか

フコイダンはがんを抑制するのに効果があるとして有名になりつつあります。そのため、健康食品の市場にはたくさんの種類の商品が出回っています。がんを抑制するとなるとぜひ毎日の食生活にフコイダンを取り入れたいと希望する人も多いことでしょう。市販されているフコイダン商品には、分子のサイズが大きい自然に近いタイプのものと、吸収を高めるという目的のもと分子サイズを小さくしたタイプのものとがあります。化粧品などの業界においても美容成分のナノ化などが流行していますが、フコイダンの場合は分子の大きいタイプでも小さいタイプでも健康効果は同じように期待できるということが報告されています。製造会社によって諸説あるようですが、今後はどちらのタイプでも大丈夫という説が主流になっていくと予想されます。

産地も種類もいろいろ

フコイダンは海藻に含まれている成分です。海藻の表面にはぬるぬるとした手触りの物質が存在していますが、あれがフコイダンです。ぬるぬるした成分を持つ海藻ならまずどんな種類のものであってもフコイダンが含まれていると考えてよいでしょう。しかしサプリメントに加工した場合、原料にどの種類の海藻を用いるかによって効果が異なるのではないかと心配する人もいるようです。コンブやメカブ、モズクなどは日頃の食卓にも登場するフコイダン含有食品です。一方、ヒバマタなどは食品としては手に入りにくいので、サプリで摂るのがよいでしょう。ヒバマタにはヒバマタフコースという特有のフコイダンが含まれています。また、トンガ産のモズクもフコイダンの含有量が高いとして人気です。